戦評

【中央大学】アミノバイタルカップ 7月14日vs拓殖大学

アミノバイタルカップ

1回戦 7/14(土) 15:00kick off
@時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンド5

中央大学 5-1 拓殖大学
得点:大久保、野口、大橋×2 加藤

スタメン

GK佐川雅寛(4年)
DF樋口弘毅(4年)
渡辺剛(4年)
上島拓巳(4年)
今掛航貴(2年)
MF中村亮太朗(3年)
加藤陸次樹(3年)
宮城和也(3年)
FW大久保智明(2年)
野口竜彦(3年)
大橋祐紀(4年)

リザーブ

GK飯吉将通(2年)
DF相原旭 (3年)
安部崇士(3年)
山中登士郎(4年)
MF 蓮見謙介 (4年)
川元雄太(3年)
縄靖也(3年)
FW 中畑天秀(4年)
田中優一(4年)

<前半>

前半16分:中央大学、得点
ゴール前でFKのチャンス。大久保が壁の下を通す技ありシュートを放ち先制。

前半21分:拓殖大学、前線の選手の連携から裏へ抜けだされ、あわやGKと1対1の状況となるが、中大DFの必死のブロックでこのピンチを阻止。

前半23分:給水タイム

前半27分:拓殖大学、左サイドを崩されクロスを上げられシュートを打たれるがこれは樋口がブロック。

前半29分:中央大学、得点
コーナーキックのカウンター。大久保がドリブルでゴール前まで持ち上がり走り込んだ野口はラストパス。野口が冷静に流し込み追加点。

前半33分:拓殖大学、右サイドでボールを奪われ10番に持ち運ばれシュートを打たれるも、佐川が横っ飛びでファインセーブ。

前半34分:拓殖大学、中央を崩され最後は10番が持ち運びシュート。これはわずかにゴールの上に外れる。

前半終了

中央大学 2-0 拓殖大学

〈前半総括〉

相手にボールを持たれる時間も多く、ゴール前まで押し込まれる場面も多かった。しかし、悪い流れの中でもなんとか無失点に抑え、セットプレーとカウンターで2得点のリードを奪えたのは大きい。後半は守備を立て直してさらに追加点を奪いたい。

〈後半〉

後半2分:中央大学、得点
今掛の絶妙なクロスに大橋がヘディングで合わせて3点目。

後半13分:中央大学、得点
今掛が左サイドを突破して中へクロス。宮城が大橋に落とし大橋がコントロールシュートで綺麗にゴールを決める。

今掛out 相原in

後半23分:給水

大久保out 田中in

後半32分:中央大学、得点
野口のスルーパスに抜け出した加藤が強烈なシュートを突き刺す。

後半40分:大橋out 中畑in

後半41分:拓殖大学、得点
左サイドからのクロスを中で合わせられ失点。

後半終了
中央大学 5-1 拓殖大学

〈後半総括〉

中大の攻撃力が爆発し大量得点を挙げた。
終盤に1失点したものの終始ゲームをリードした。

〈総括〉

前半は少し悪いリズムが続いてしまったが、その流れに反して得点を奪えたのが大きい。後半は力の差を見せつけ圧倒的攻撃力で大量得点を挙げた。中1日のハードスケジュールだが、しっかりと休んで良い準備をしてほしい。

(文責: 増田隆祐 積田隼輔)

 

ハイライト動画は「こちら」から!